よくあるご質問

チャイルドマインデイングってなーに? チャイルドマインデイング(Childminding)とは・・・?

こどもの世話をする・預かると言う意味があります。 こどもとの関わり方には様々な考えが示されています。 チャイルドマインデイングは、こどもの関わり方のひとつの考え方であり、こどもを主体とした手法のことを指します。

チャイルドマインデイングのルーツは?

英国から1990年代の初頭に、チャイルドマインダー養成講座として移入されたのが始まりです。このチャイルドマインダーは、英国の国家職業資格に認定され、自宅を保育場所として乳児から小学生までの少人数のこどもを預かる保育者のことを言います。また、チャイルドマインダーになるためには、チャイルドマインデイング(こどもの預かり方・お世話の仕方)を学びます。

日本でもチャイルドマインデイングを学ぶことができるのですか?

現在チャイルドマインデイングを学ぶことができるのは、チャイルドマインダー養成講座で学ぶことができます。講座を開設している主な企業は、いくつか存在しています。そして、テキスト内容はそれぞれの会社で異なり、履修時間やカリキュラムも異なっているのが現状です。

英国のチャイルドマインデイングと協会のチャイルドマインデイングの違いはあるのですか?

英国のチャイルドマインデイングの大切にしている事柄には共感を覚え、協会の理念の根底にも深く影響を受けていますが、同時に現代の日本のこども社会や子育て環境に何が求められているのか・・?と考えた際、英国と日本の間にある文化・歴史・こども観・家族間・社会構造等の検証・考察の必要性も覚えるようになりました。その結果こどもに対して単なる指導者・教育者として関わる存在ではなく、こどもの心により添い、心の内を受けとめられる良き理解者が、保護者には、単なる「アドバイス」・指示者の存在としてではなく、一緒に問題を共有し、共に歩む存在が求められていると信じるに至りました。私達は、「こどもを主体とした関わり」・こどもや親からも育ちを得る「共育者」として活動しています。現在、協会のチャイルドマインデイングをしっかり学んだ、多くのチャイルドマインダーがこどもの発達を親と一緒に支えています。

チャイルドマインデイングの考え方のひとつを挙げるとしたら?

ではあなたに質問です。あなたは、こどもの存在をどのように考えていますか? こどもの存在についての説明には2つの考え方があります。あなたはどちらだと思いますか。

選択して下さい。
1.こどもは生まれ持って、困った行為をする存在である(性悪説)
2.こどもは生まれながらに善である(性善説)